ペットの健康診断はとっても大切

ペットのパートナー化が進み、犬・猫は人間と同じような病気を患うようになりました。

 

現在、ペットの死因の多くは、癌、心筋梗塞、腎不全等、生活習慣病に起因するものが占めています。

ペットは症状を言葉で訴える事ができず、病気の発見が遅れがちになってしまいます。

 

さらに、犬・猫の年齢は人間の4倍~7倍の速度で進みます。

人間が年1回健康診断を行うとするならば、ペットは最低でも年2~3回の健康診断が必要とされます。

 

それ以外にもフィラリア予防・狂犬病予防・混合ワクチンの接種も年1回の義務化又は推奨がされています。

是非「ペットの健康診断」で聴いてください「あなたのパートナーの声」を。

 

一般的な健康診断の内容

 

問診

触診

聴診

身体検査

血液検査

尿検査

糞便検査

レントゲン検査(胸部・腹部)

超音波検査(胸部・腹部)

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Kip Stockton (水曜日, 01 2月 2017 21:16)


    I've been browsing online more than 3 hours today, yet I never found any interesting article like yours. It's pretty worth enough for me. In my view, if all web owners and bloggers made good content as you did, the web will be much more useful than ever before.

  • #2

    Loriann Montague (土曜日, 04 2月 2017 06:38)


    I am genuinely pleased to read this weblog posts which carries tons of valuable data, thanks for providing such information.