短頭種気道症候群ってなに?

フレンチブルドッグ、パグ、シーズーなど鼻がペシャンコのわんちゃん達は、短頭種と呼ばれています。

その愛くるしい表情から人気があり、街でもよくお散歩をしている姿を見かけることがあります。

短頭種のわんちゃんといえば、舌をぺろりと出して笑っているような顔だったり、ブーブーと鼻をならす姿を思い浮かべる人もいると思います。

一緒に生活している方は夜はその可愛い姿からは想像もつかない大きなイビキをかくわんちゃんも見ているかもしれません。

 

 

愛犬の食中毒

これらの姿、実は短頭種気道症候群から起きているのかもしれません。

短頭種のわんちゃんは、その特有の体の構造から、生まれつき鼻孔狭窄症、軟口蓋過長症、気管低形成などになりやすい犬種です。

鼻孔狭窄症

鼻の穴がとても小さく呼吸が苦しくなる症状を示します。

外科的な手術により鼻の穴を広げてあげることで症状は緩和します。

 

軟口蓋過長

舌を前歯の後ろから上顎に沿って徐々に喉まで伝っていくと、硬い上顎から急に柔らかいところに触れられると思います。軟口蓋とはこの柔らかい部分のことで、短頭種のわんちゃんは、この軟口蓋が喉のほうに向かって長く伸びてしまい、喉を塞いで呼吸をしにくくしてしまいます。

軟口蓋過長も手術によって緩和されます。


気管低形成

気管の太さが本来の太さに達せず、体の大きさと比べて気管が全体的に細く、柔軟性がない状態になります。


これらの病気がいくつか合わさった病態を短頭種気道症候群と呼びます。

どれも呼吸がしにくくなる病気のため、短頭種のわんちゃんは、口を開けて舌を出してはぁはぁと呼吸をしたり、息を吸うときに力を入れるので、鼻がブーブーなったりします。


睡眠時のイビキも同じです。


同じ短頭種でも、症状の重さには差がありますので、何もしなくても生活に支障がない子もいれば、手術をしないと呼吸が苦しく失神してしまう子もいます。特に暑いときや興奮時には呼吸が早くなり苦しくなってしまうので、短頭種を飼われている方はご注意ください。

 

クローバー動物病院

獣医師 後藤類先生

 

ほかの「知っ得情報」も見てみる⇒メニューへ

 


人気商品クイックナビゲーション

愛犬・愛猫の健康おやつ
愛犬・愛猫の口臭対策・口臭予防
愛犬・愛猫の健康サプリメント
高齢犬ごはん