注意!熱中症。

蒸し暑くジメジメした季節がやってきました。

このような季節に気をつけないといけないのは熱中症です。

熱中症と聞くと真夏におきると思いがちですが、気密性の高い室内や車内では、熱がこもりやすく、また多湿の環境では体温調整がうまくできなくなるため、春や梅雨時期にも注意が必要です。

 

今回は愛犬の熱中症についてご紹介していきます。

 

ペットワーク,PETWORK,無料,健康,診断,検診,健診,イヌ,犬,熱中症,暑,息,早い,予防,

熱中症に注意しましょう。

蒸し暑くジメジメした季節がやってきました。

このような季節に気をつけないといけないのは熱中症です。

熱中症と聞くと真夏におきると思いがちですが、気密性の高い室内や車内では、熱がこもりやすく、また多湿の環境では体温調整がうまくできなくなるため、春や梅雨時期にも注意が必要です。

 

わんちゃんは汗をかく部分が限られているため、人のようにたくさん汗をかいて体温を下げることが苦手です。そのため、体温が上昇すると舌をだしてハァハァと呼吸することで唾液の蒸発による気化熱を利用し、体温を下げようとしています。

 

これでも体温の上昇が抑えられないと、大量のよだれをだしたり、目や耳が充血し真っ赤になったり、嘔吐、下痢などの熱中症の症状が現れます。

症状が進行すると、呼びかけなどに対する反応の低下、意識の消失、下血、けいれんなどの症状が現れ、最悪の場合死に至ることもあります。

熱中症の予防法

熱中症を予防するためには、温度と湿度、換気を管理することが大切です。

 

屋外飼育の場合:

直射日光が当たらないような日よけを用意し、風の通りや時間による日ざしの変化も考慮し、わんちゃんがきちんと日陰に移動できるようにリードやケージの場所を考えてあげましょう。また、常に水を飲めるようにしてあげましょう。(水がこぼれたりすることも考えていくつか用意することも大切です)

 

室内飼育の場合:

風通しが良く、直射日光が当たらない部屋にケージを用意するか、その部屋への移動ができるようにしてあげましょう。

クーラーを使用する場合でも直射日光があたらず、なおかつクーラーの風が直接あたらない場所にケージを設置しましょう。

水はいつでも飲めるようにいくつか水飲み場を用意してあげてください。

 

パグやブルドッグ、シーズーなどの短頭種と呼ばれるわんちゃんは、他の犬種に比べて体の構造上呼吸がしずらい傾向にあり、体温の調整が苦手です。また太り気味のわんちゃんや被毛の多いわんちゃんも熱がこもりやすいため、人が少し涼しく感じるくらいの環境を用意してあげましょう。

次回はお出かけの時の熱中症予防と熱中症になってしまったときの応急処置のお話をします。

今からしっかりと予防をして暑い夏を乗り切りましょう。

 

クローバー動物病院

獣医師 後藤類先生

 

ほかの「知っ得情報」も見てみる⇒メニューへ

 


人気商品クイックナビゲーション

愛犬・愛猫の健康おやつ
愛犬・愛猫の口臭対策・口臭予防
愛犬・愛猫の健康サプリメント
高齢犬ごはん