ご注意!わんちゃんの食中毒

秋の行楽シーズンですね。

わんちゃんと一緒にお出掛けを計画している方も多いと思います。

そこで気をつけないといけないのがわんちゃんの中毒です。

 

食中毒とは異なり、わんちゃんには、人が食べても全く問題のない食べ物でも中毒を起こすものがあります。

外出先でつい与えてしまったり、わんちゃんを飼っていない人が知らずに与えてしまうこともありますので十分注意が必要です。

 

 

 

愛犬の食中毒

中毒をおこす代表的な食べ物

わんちゃんが中毒をおこす食べ物で代表的なものは、ネギ類とチョコレートです。

・ネギ類(ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクも含みます)

血液中で赤血球を壊してしまう物質が含まれています。

中毒を起こすと貧血や赤色の尿を出すなどの症状を示します。

この物質は、加熱をしても変わらないため、ハンバーグやお味噌汁などに入っている加熱処理をしたネギ類でも中毒をおこします。

中毒症状は食べたネギの量とはあまり関係なく、遺伝的な要因によりタマネギに対する感受性が決まるため、ネギを食べても何ともないわんちゃんもいれば、一口食べただけで重度の貧血を起こすわんちゃんもいます。

 

・チョコレート

チョコレートによる中毒は、チョコレートに含まれるテオブロミンという化合物によって引き起こされます。

チョコレートの種類により含まれるテオブロミンの量は異なり、一般的にはミルクチョコレートよりビターチョコレートのほうがより多くテオブロミンを含みます。

チョコレート中毒になると、嘔吐、下痢、パンティング(はあはあ呼吸をする)、多尿または排尿障害、筋肉の震えなどの症状を生じます。

最初に誤って少量のチョコレートを与えられたときには中毒を示さないわんちゃんも多いのですが、味を知ってしまい、飼い主さんが知らない間に多量に盗み食いをしてしまい中毒になるわんちゃんもいます。

 

また、あまり知られていませんが、ブドウの摂取により中毒をおこし腎不全になってしまったわんちゃんも報告されています。

ブドウやレーズンがわんちゃんに及ぼす毒性については不明な点も多いのですが、与えるのは避けたほうがよいでしょう。

 

わんちゃんが口にする食べ物に注意して、楽しい行楽シーズンをお過ごしください。

 

クローバー動物病院

獣医師 後藤類先生

 

ほかの「知っ得情報」も見てみる⇒メニューへ

 


人気商品クイックナビゲーション

愛犬・愛猫の健康おやつ
愛犬・愛猫の口臭対策・口臭予防
愛犬・愛猫の健康サプリメント
高齢犬ごはん