愛犬のデンタルケア

愛犬のデンタルケアはどうしたらいいの?そんなご質問に回答いたします。

歯周病予防のための理想的なデンタルケアは、わんちゃんのお口の中を確認しながら行える歯磨きです。

しかし、なかなか素直にわんちゃんはお口の中を見せてくれません。。。

 

今回は歯磨きの方法を少しご紹介していきます。

 

ペットワーク,PETWORK,無料,健康,診断,検診,健診,イヌ,犬,歯,デンタル,ケア,みがき,磨き,歯磨き,方法,やり方,手順,

愛犬のデンタルケア手順公開!

  1. まずはわんちゃんのお口の周りを触ることからはじめましょう。口の周りを優しく触り、触れたらご褒美をあげましょう。
  2. お口の周りを触ることにわんちゃんが慣れてきたら、次はお口の中に指をいれてみましょう。指の先に缶詰めのフードなどをつけて舐めさせながら行っても良いです。優しくマッサージをするように歯や歯茎に触れていきます
  3. 次にガーゼを指に巻いてわんちゃんの歯を優しく拭いましょう。この時必ずガーゼは水で濡らしてください。乾いたガーゼは歯茎を傷め、わんちゃんにも痛みを感じさせてしまいます。ガーゼに缶詰めの汁などをつけて味付けしてもいいでしょう(この際わんちゃんがガーゼを飲み込まないように十分注意しください)。慣れてきたら歯の内側も拭ってみましょう。長時間行わず、わんちゃんが嫌がるようなら無理をしないようにしましょう。
  4. ここまでできるようになってからやっと歯ブラシの出番です。歯ブラシもガーゼ同様必ず水で濡らしてください。最初は口を閉じた状態で優しく歯の表面をなでるように磨きます。ここでも慣れるまでは缶詰めの汁や歯磨きペーストで味付けしても良いでしょう。ただし、人用の歯磨き粉は使わないでください。歯ブラシの持ち方は鉛筆をもつ持ち方で力を入れ過ぎないようにしましょう。

 

わんちゃんの歯についた歯垢は3~5日で歯石といって石のように硬くなり歯磨きではとれなくなってしまいます。

そのため、歯磨きは少なくても週に3回くらいを目安に行ってください。

わんちゃんによってはすぐ慣れる子もいればお口を触ることにもかなりの時間がかかる子もいます。

大切なことは飼い主さんも諦めずゆっくりゆっくり楽しみながら行うことです。

歯磨きの時間が新しいわんちゃんとのコミュニケーションの時間になるように少しずつ始めてみませんか。

 

クローバー動物病院

獣医師 後藤類先生

 

ほかの「知っ得情報」も見てみる⇒メニューへ

 


人気商品クイックナビゲーション

愛犬・愛猫の健康おやつ
愛犬・愛猫の口臭対策・口臭予防
愛犬・愛猫の健康サプリメント
高齢犬ごはん